✿それぞれ違うアザミの花

2019.10.09 公園・植物園

いつも森林公園をご利用いただきありがとうございます。

9月下旬から植物園のA湿地で、キセルアザミが咲いています。その名のとおり、茎の先端が曲がって花がやや下を向いてついていて、煙管(キセル)を連想させる姿の花です。
A湿地の近くの遊歩道沿いにはスズカアザミがあり、こちらは茎の先端以外にも葉の付け根近くから枝分かれし、たくさんの上向きの花を咲かせています。「幸せの青いハチ」ともいわれるルリモンハナバチがやってきます。
自生のアザミ2種に加えて、今年6月頃、南門近くの「マイ花壇」の一角にモリアザミを植えました。もとはスーパーマーケットの野菜コーナーで「山ごぼう」として売られていた根っこです。10月に入ってから花をつけています。これも参考に見てみてください。


キセルアザミ

スズカアザミとルリモンハナバチ

もりあざみ(山ごぼう)

◀ 記事一覧へ